保育業務支援、ICTシステム徹底比較

*

 保育業務支援システムを徹底比較

保育園の業務支援システムって?

一言で言えば、従来は紙で管理していた、保育園の様々な書類を、パソコンやタブレットなどを使用して、簡単に作成・保管・出力するためのシステムのことです。近年では「保育現場のICT化」を各省や自治体が推奨しており、各種補助金の交付も行われています。

「ICT」とは、ITによるコミュニケーションを指しています。「保育業務のICT化」という場合、園内の集計・書類作成などの事務作業や、保護者の方との連絡などの業務をIT技術を使ってよりスムーズに、効率行おうというものです。

当サイトでは、保育園の業務をICT化する様々仕組みを「業務支援システム」としてご説明しています。

ICT化によってどんなメリットがあるの?

保育園の先生方の仕事には、子どもの「保育」以外にも、多くの「事務作業」が含まれています。

今まではこういった事務作業を紙ベースで行っていたため、印刷代がかさみ、作業時間も多くかかっていました。その結果、本来の「保育」のほかに残業をしなければ追いつかないといったこともありました。

この様な実態は、園にとっても、保育士にとっても、「保育」というサービスを受ける保護者・子どもにとっても決して良い環境であったとは言えません。

しかし、保育業務支援システムを導入してICT化することで、園は人件費を削減できて、保育士は保育により集中することができるので、結果的に、子どもはよりよい保育サービスを受けられるようになります。

保育業務支援システムは、様々な企業が提供しており、機能や価格も多様ですのでどれが良いか迷ってしまいますよね。このサイトでは、代表的な保育業務支援システムを含め、いくつかピックアップしてご紹介します。

保育業務支援システムの導入、ICT化で、貴園の保育環境が良くなることを願っています。

保育業務支援システムの主な機能

ほとんどの保育業務支援システムが謳っているのは、「事務作業の負担削減」や「園児の発達記録」です。

例えば、

・登園・降園時間の記録
・保育費請求書の作成
・園児の成長の記録
・保護者の一斉連絡機能

といった機能などがあります。

一口に「登園・降園時間の記録」と言っても、記録の方法が、システムによって異なったり仕様使用する端末の種類が分かれていたりするので、各社の特徴を見ていきましょう。

WEL-KIDS (ウェルキッズ)

ニューアーチデザイニング株式会社が提供している園運営支援システム。保育費請求、自治体書類に使える集計、保護者がスマホでお休み申請できる機能など、事務作業の負担軽減や、保護者とのコミュニケーションに強いシステムです。金額を明示しており、今回調査したシステムの中で、初期費用が無料なのはここだけでした。

初期導入費用 0円
利用料金 月額25,000円(税抜)
リンク ニューアーチデザイニング株式会社

Child Care System (チャイルドケアシステム)

株式会社グローバルブリッジが運営する保育管理システム。NTT東日本がサポートしており、システムとあわせて、フレッツ光などのインターネット環境の導入も可能。保育計画のための機能が充実しています。

初期導入費用 0円
利用料金 通常 月額36,000円(税別)(但しフレッツ光に加入し5年契約した場合は月額13,000円)
リンク 株式会社global solutions

CODMON (コドモン)

株式会社スパインラボ運営、2015年にスタートした新しいサービスです。

初期導入費用 0円
利用料金 基本料:月額5,000円(税別)、登降園管理・請求管理機能:月額5,000円(税別)、指導案作成機能:月額5,000円(税別)、シフト作成機能:月額5,000円(税別)、
リンク 株式会社スパインラボ

はぐくむ保育

株式会社ベーシックが運営する保育業務支援ソフト。事務作業の多さに悩む保育士の悩みを解決するための機能を網羅しています。自治体によると思われますが、PC画面のみで監査への対応完了との実績多数。

初期導入費用 非公開
利用料金 非公開
リンク 株式会社ベーシック

Kids View (キッズビュー)

日本ソフト開発株式会社によるポータルサイト「Kids View」をベースにした保育支援システム。iPad利用を前面に打ち出した「タッチビュー」や、ガラケー(フィーチャーフォン)対応の「ケータイ連絡くん」で、登園・降園管理や保護者とのコミュニケーションを可能にしています。

初期導入費用 非公開
利用料金 非公開
リンク 日本ソフト開発株式会社

ChildCareWeb (チャイルドケアウェブ)

CHS子育て文化研究所有限会社が運営する保育サポートシステム。保育計画・記録と日誌の機能を有しています。基本的にPCでの利用を前提にしており、園児一人一人に対して、きめ細かく、よりよい保育を実践するためのシステムと見受けられます。

初期導入費用 52,500円(税込)
利用料金 月額26,250円(税込)~(定員100名を超える場合、園児1名につき、250円)
リンク CHS子育て文化研究所有限会社

今回ご紹介したシステムはほんの一部ですが、園の規模や予算、必要な機能によって選べるのは本当にありがたいですよね。

今後、保育業界でのIT化はますます進んでいくと思われます。まだ保育業務支援システムを導入していない園も、業者の切り替えを検討している園も、自園の運用にあったシステムを探してみてはいかがでしょうか。

※※当ページに記載されている内容は2015年8月調査時のものです。内容は今後変更となる可能性があります。